「壁にかけるパワーストーン」として、2010年に初めて発表され好評を博した、油彩、アクリルと天然水晶の合体技法による絵画作品です。サトチヒロオリジナル、世界で唯一の芸術手法として認知されています。 散りばめられているのは、全て透明度の高い天然水晶です。 手の込んだ手間暇と高い技術が必要な技法のため、完成するまで小さな作品でも1ヶ月以上かかるものもあります。 天然水晶はパワーストーンの基本となる半貴石です。 サトチヒロの長年の研究と試行錯誤によって編み出された、完成度の高いアートで、各展覧会でもおおきな反響を呼んでいます。